FC2ブログ

Kartoffel

 

Category: JPC   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

ブンデスJPC装備ポーチ解析編(IFAKポーチ)

ksk_jpc_sidesapi.jpg

こちらがブンデスJPCおじさんの勇ましい後ろ姿になります。
このおじさんの左後ろ側に付いているIFAKポーチに注目してみましたところ、blue force gear社製とTACTICAL TAILOR社製又はLindnerhof社製のポーチの二個一である可能性が出てきました。

ココで補足をします。
TACTICAL TAILOR社製とLindnerhof社製のポーチは大きな違いも無いようなので、自分はドイツ迷彩(フレック迷彩)がLindnerhof社製という区別しかしていません。
マルチカムならどちらでも良いかなとも思います。

DSC02389.jpg

      左 : blue force gear社製        右 : Lindnerhof社製

正面から見た図ですがLindnerhof社製ですがblue force gear社製よりも少し大きいですね。
大きさ以外にもフラップに付いているナイロン紐とベルクロの大きさ、色も違います。

DSC02390.jpg


      左 : blue force gear社製        右 : Lindnerhof社製

ポーチの固定方法も異なります。これはメーカーの作り方によるものなので、このポーチに限った事では無いですね。

DSC02391.jpg

      左 : blue force gear社製        右 : Lindnerhof社製

中身を取り出してみましたが水抜き穴の位置とベルクロの違いがわかります。

DSC02392.jpg

      左 : blue force gear社製        右 : Lindnerhof社製

側面を見てみますとLindnerhof社製にはパルスが付いています。
これが一番の特徴ですね。

DSC02393.jpg

      左 : blue force gear社製        右 : Lindnerhof社製

大きさが違うのが一目わかりますそれと…Lindnerhof社製のオレンジタグが眩しいですね。

DSC02394.jpg

実際にLindnerhof社製のガワにblue force gear社製のフラップ(中身)を組み込んでみました。
これでIFAKポーチは完成です。

059zyl8cxb5x.jpg

オマケ : こちらの人はLindnerhof社製のIFAKポーチを使用していますね。

ワンポイントマルチカムもカッコいいですね。
スポンサーサイト




Comments

09 2019 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

ドドイツ高橋

Author:ドドイツ高橋

最新トラックバック
カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS