FC2ブログ

Kartoffel

 

Category: 茶色系統   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

SPC肩パットカスタム

S__37494790.jpg

今現在でも現役なSPCですが、カマーバンドをMTVの物にカスタムしたりD.A.C.K.に変更したり拡張性が多いアーマーになっています。
肩パットも例外ではなくカスタムされた物もよく見かけます。

上の写真はEAGLE製のMAC-Rの肩パットにカスタムされています。

DSC03446.jpg

実際に肩パットをカスタムしてみました。
一見今までのSPCとはまるで別物の様なアーマーにも見えるほど印象が変わりました。
装備を着てみますと肩パットのクッション性が良いので純正に比べて着心地が数段良くなりました。

DSC03444.jpg

こちらは王道のCIRASの肩パットを付けてみました。
やはりこのカスタムもカッコいいですね、まさにRECON装備ですね。
FSBE2のCIRASは肩パットをSPCやMBSSに取り付ける事もできるので入手しておくと重宝します。

DSC03447.jpg

上から青タグのCIRAS肩パット、現行CIRAS肩パット、MAC-R肩パットになります。
スポンサーサイト



Category: 茶色系統   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

D.U.C.K.

最近海兵隊の中で見かけるAres Armor社製のDerma Universal Cummerbund Kit (D.U.C.K.)について書いていきます。

IMG_0334.jpg

CRYE製のJPCみたいな骨カマバンで独特な物になります。

詳しくは珍装党の店長のブログをご覧ください。

今回自分が入手した物は先のブログの物とはロットが違う物(新型?)が届きました。

10896882_1526434794303535_8086246539292536239_n.jpg

それがこちらになります。
いっぱい買ったのでパッチも貰う事ができました。

サイドプレートポーチは変化が無いようです。

それで自分が紹介したいのは新型でのSPC、MCPCに取り付け方(独自)を紹介したいと思います。

DSC03426.jpg

前面の取り付け方は新旧同じでベルクロに取り付ける簡単な方法になります。
先代の物はリリースワイヤの先を納める物がありませんでしたが新型では追加されました。

DSC03403.jpg

SPCの前面です。

DSC03404.jpg

SPCの背面です。

先代の物に付属していたMOLLEに固定する物が無いので、SPCだかMTVのカマバンに付属する物で固定しました。
このままでは少しバタつくのでハイドレーションポーチ等を配置しておけばバタツキも抑える事ができます。

DSC03407.jpg

MCPCの前面です。

DSC03411.jpg

MCPCの背面です。

MCPCはSPCとは異なりカマバンをアーマー内部を通します。
一番上のカマバンバンドだけをゴムバンドの上を通すのが良いみたいです。

DSC03427.jpg

元々あるリリースワイヤーを通す所に付属してある物で位置を固定して完成です。

恐らくですが自分が入手した物はMCPC用で珍装党の店長の物はSPC用だと思います。
ナイロンは奥が深いです。

Category: ドイツなナイロン   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

エントリーツール

DSC03392.jpg

ドイツで使用しているとみられるドアドンセットになります。
今回紹介するセットはKSKでは無くEGB373のセットになります。

bw.png
先端

ショットガンはM870を使用しておりバレルをカットして取り回しをよくしています。

KSKの方ではピストルグリップの物を使用しているみたいなのでメリハリを考えてEGBではバレルカットのストックありが自分の中ではBESTだと思います。

DSC03395.jpg

自分が用意した物はマルイ製のM870でバレルをカットしていた物を購入してみました。
これを購入して思ったのですがレールとサイトが違うような気がしますので気が向いたら変更して見ようかと思っています。

img008o.jpg

次は最近自分の周りで言われている呼び方なのですが…欲張りおじさんについて注目していこうと思います。

その欲張りおじさんはAG6Kにエントリーツール、ショックラムを携行している特徴だらけの人なのです…総重量がハンパ無いです…

DSC03393.jpg

これはCQB RAMのレプリカになります。
緑之会の人にオーダーして作ってもらいました。ありがたや。

塩ビ管に取っ手を付けて中に重りを入れたシンプルな構造ですが制作者のこだわりで総重量が9kgというリアルウェイトになっています。
取っ手の取りつけもしっかりしていますので振り回しても大丈夫な強度になっています。

写真を見て解ると思いますが取っ手の位置が中央では無いのです。ドアに当たる方を長くして実物と同じようになっています。

DSC03394.jpg

最後はエントリーツールになります。
手元にあるキットはボルトカッターとバール、斧の三点セットになります。
他にも違う組み合わせもあるみたいなのでソッチも気になりますね。

Exercise_Hot_Blade_2014_APH_LHT_Ops-core.jpg

運搬方法ですが先程の写真のように専用のバックに入れて三本まとめる方法以外に塩ビ管に入れて運搬する方法もあります。

DSC08725.jpg


以前AG36Kでは無いですが似たような装備をしましたが…あれではサバゲはできないと思いました…本職の方凄過ぎます。

Category: エアガン   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

G36K (マルイ)

今まで使用していたマルイ製のG36Kですが装備の幅を広げるために少しタクティカルになる様にしてみました。

DSC03387.jpg

今回変更したパーツはハイダーとトップレール、RASになります。
この三点のパーツはVFC製の物を取り付けてます。
ハイダー以外は加工が必要になるので少し面倒でしたが無事に組みあがりました。

DSC03386.jpg

DSC03385.jpg

トップレールは固定する穴が少しズレているだけなのでヤスリ等で穴を広げれば簡単に付きました。
加工する穴は二点しかないので数分で加工が終わりました。

最後にレールを入れるのですが少しタイトになっていて入れにくいですがプラハン等で叩き込めば問題なく入ります。

DSC03390.jpg

今回一番面倒だったのがRASになります。
マルイ製のG36KとVFC製の物はハンドガードの付け根の形が異なるみたいなのでソコを加工しなくては入りません。

今回自分はRASを友人から譲ってもらいましたのでハンドガード自体の加工は済まされた状態でした。
新品で手に入れた場合は写真のように削らなくてはならないので本当に友人に感謝です!

DSC03389.jpg

そのままハンドガードを取り付け用としても本体側のバッテリーをサポートする部分が邪魔なのでソコを切除しなくてはなりません。
そうして取り付けると本体とハンドガードの間にスキマができてしまいます。

DSC03379.jpg

そこで私はパテを盛ってみました。
プラ板で芯材を作ってソコにパテを盛ってヤスリをかけて形を整えました。
隙間を埋めるついでに分解用のネジ穴も埋めて見栄えを良くしました。

DSC03383.jpg

最後に塗装して完成です。
02 2015 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
プロフィール

ドドイツ高橋

Author:ドドイツ高橋

最新トラックバック
カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS