FC2ブログ

Kartoffel

 

Category: 茶色系統   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

TCI LiberatorⅢ

最近ヘッドセット特集になっていますが今回で打ち止めになります。

今回のネタはTCI製のLiberatorⅢになります。

DSC03347.jpg

収納している袋がコヨーテでいかにも海兵隊臭が漂います。

DSC03350.jpg

中身はヘッドセット本体とPTT、説明書、電池が入っています。
前回紹介しましたMSA製のSORDINに比べて物足りない気もしますね…

DSC03351.jpg

TCI はカスタム品を扱っているみたいでこのLiberatorⅢはSORDINをベースとしたカスタムになります。
主な変更点で気がついた点は数か所見つける事ができました。

①一番目につくところはブームマイクの変更ですね。
 SORDINのマイクと違いCOMTACの様な位置調整がしやすい物に変更されています。
 長さはCOMTACの物より若干長い気がします。

②電池を収納している蓋にもLiberatorでは紐が追加されていて気遣いができていると思います。

③SORDINはゲルパットだったのにLiberatorではゲルでは無い…謎です…
 耐久性重視なのでしょうか…

④電源のON/OFFの変更

 Liberatorは電源が入っていない状態で長押しでONになり、そこから長押しで電源がOFFになります。

 SORDINは電源が入っていない状態で軽く押すだけで電源がONになり、そこから長押しで電源がOFFになります。

 Liberatorの方は意図しない電源ONを防ぐために変更したのでしょうか…

DSC03353.jpg

⑤上部の調整用のベルクロテープの幅が少し広くなりました。

DSC03352.jpg

⑥PTTに接続するコネクタです。
 SORDINとCOMTACとも違うコネクタを使用しています。

DSC03355.jpg

PTT本体ですがデュアルになっています。
赤色のマーキングとマーキング無しで識別もしやすい様になっています。

無線機側への接続は6pinになっていますので10pinとは違い接続が容易です。

DSC03356.jpg

PTTの裏側はベルクロが貼ってありそこにクリップを取り付ける事も可能ですので取り付け位置の融通が結構ききます。

IMG_0266.jpg

IMG_0265.jpg

最後に海兵隊での使用例ですが10pinの148に変換アダプターを付けて使用しているみたいです。

西側リーコンカッコいいです…
自分も再現したなぁ…

スポンサーサイト



Category: 茶色系統   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

MSA SORDIN


最近ヘッドセットについての事を書いているので手元にあるヘッドセットもまとめてみようと思い書いていきます。

今回はMSA製のSORDINについて書いていきます。
このSORDINは海兵隊のヘッドセットで有名なヘッドセットになります。
タイプは骨伝導タイプ、ヘッドバンドタイプ、ネックバンドタイプ等あります。

自分が所持しているのは新型のネックバンドタイプになります。


DSC03357.jpg

ヘッドセットのキットはウッドランド柄のポーチに収納されています。

DSC03358.jpg

背面には内容物の一覧表がくっついています。

DSC03360.jpg

ポーチの中身はこちらになります。
SORDINにバンド型のヘッドセット等々入っていてとても贅沢なセットになっています。

DSC03361.jpg

SORDIN本体ですが初めからゲルパットになっていて長時間の装着にも適しています。
いつの間にか触っている気持ちの良い感触が溜まりません。

ブームマイクはpellter製の物と違い固いので位置調整がし難く感じます。
ですが、一度調整をしたら簡単にはズレないのでそちらを優先したと思います。

DSC03362.jpg

ネックバンド型で頭の固定位置を調整するのは上の方についているベルクロで調整可能です。

DSC03366.jpg

PTTへ接続するプラグですが防水仕様のためキャップが取り付けられています。
紐も付いているので脱落防止も完璧です。

DSC03363.jpg

ピンはハーフピンになっています。

DSC03364.jpg

ピンを接続したときに遊んでしまうキャップをくっ付ける事が可能です。

DSC03367.jpg

SORDINからPTT、148まで繋げた図になります。
PTTからSORDIN、148へ繋げるためには一度専用の線を通さないと接続ができないのです。
10pinならではだと思う配線になります。

148側も10pin使用にしないと接続できないでそこも注意が必要です。

DSC03368.jpg

ヘッドセットからPTT、148まで繋げた図になります。
ヘッドセット単体の写真を撮り忘れてしまいましたのでこの写真で勘弁してください。

ヘッドセットは右、左にどちらでも使用できるようになっています。
こめかみに当たる所には小さめのパットが入っていますが長時間の使用には適していない用に感じます。

耳当てはゴム製で装着感が余り宜しく無いです。

これを使用するならSORDINを使用した方が良い様に感じました…
SORDINの方がカッコいいですしね。

DSC03371.jpg

ヘッドセットからPTTに繋げる線ですが独特な形をしています。
こちらも防水仕様になっていましてやはり、このセットはVBSS等の海上での使用に適していますね。

VBSS装備で撮影会もしたい所存です。


Category: ドイツなナイロン   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

COMTACⅡカスタム

kskprc148.jpg

ドイツの特殊な人が装備しているヘッドセットをよくよく見てみますとブームマイクの形が変だと気が付きました。
前に紹介しました、SOUNDTRAPのマイクに似ている様な気もします。もしかしたら後継機なのかもしれません。

ksk-multi_p2a1.jpg

横からの図です。マイク以外に変更点が無いようなのでもしかしたら作れるかもしれないですね…

DSC03340.jpg

なので作ってしまおうと思います。

ベースとして用意した物はZTactical製のCOMTACⅡとTASC1になります。
TASC1からはマイクを拝借します。

DSC03345.jpg

そして…完成品がこれになります。
COMTAC自体の加工はブームマイクを取り付ける為の穴開けと最初についていたマイク固定の棒のカットだけです。
ヘッドバンドも革製の物に変更しました。

ブームマイクはプラスチックのパイプで延長して熱伸縮性のゴムで周りを覆いました。
マイク部にも薄いゴムを張りました。

実際に簡単に作れてしまうので皆さんも是非作ってみてください。

Category: ドイツなナイロン   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

もりもりGen 3

新年早々とある重工の人がGen.4について書いていましたので、どうせなら自分も書いてみようと思いました。

ブログの書き方は許可を得て今回だけパクらせてもらいました。
ブログタイトルも勿論パクリました。

DSC03333.jpg
                 
                              (P8は自分の)

自分のポーチレイアウトは主に以前から書いていたEGB373を参考にしています。
一人だけを参考にするのでは無く何人かの装備を見てそれを自分なりに組み合わせてみました。
何度も組んでは配置を変えて今の現状に落ち着きました。

DSC03339aa.jpg

フロント部。ココはオープントップのマグポーチかフラップありの物で悩みましたが抜く事を優先させてオープントップの物にしました。
オープントップの物でも75tac以外にLHTの物も候補にありましたが自分の中では75tacの方がEGBらしいと思いこの様なセッティングにしました。LHTはKSK装備のために取っておきます。

少し見づらいですがハイドレのホースの先端をカラビナで抑えてバタバタ動くのを抑制してます。

DSC03334.jpg

左カマーバンド。自分も右利きですのでウィークハンドで操作する位置となります。

カマーバンドは縦に3列のパルスになっています。3列ですとギリギリ、ダブルハンドガンマグポの下にダンプポーチを配置可能になっています。

その後方にはフラップありのマグポーチを逆さまに設置しました。これは手が届きにくい位置に限り下からマガジンを抜く行為は上からのアクセスよりも容易なのでこの様にしました。個人差があると思いますので試し程度にやってみても良いと思います。

一番背面に近い位置にはラジオポーチ代わりに75tacのオープントップマグポーチを置きました。
これもEGBならではのポーチ活用法だと思います。

DSC03337.jpg

反対側、右カマーバンド。前方にはフラップありのマグポーチを置きました。

その後方にはハンドグレネードポーチを置きました。参考にしている写真を見ますと一人一つ位は取り付けているのを見かけるので買いましたが入れる中身がまだ無いのが残念です…

一番背面に近いところは多目的ポーチを配置しました。自分ではアクセスし難いので仲間に使用してもらう物になります。

DSC03336.jpg

背面には3ℓまで対応したハイドレーションバックを少し左寄りに配置しています。パルスの本数の関係で真ん中に設置が不可能なのでこの様にしました。

ハイドレーションバックにパルスが付いているのでそこに4連のグレネードポーチとクイックリリース対応にした多目的ポーチ(カマバンについていた物より少し大きい)を配置しました。

グレネードポーチは背面にあるので自分では使用できません。なぜ付けたかと言いますと仲間のグレネーダー用に付けました。

クイックリリース付きの多目的ポーチはメディカルポーチとして配置しました。ポーチにはCATとペン衣類を切るハサミを取り付けています。
クイックリリースにすることで仲間が使用する時も迅速に使用できる他、手を伸ばすことで着用者も使用可能になっています。

gtgdgdfgdgdgdfgdg.jpg

大抵の必要な物はPCに取り付ける事ができましたので、ベルトは簡素にしました。
リガーベルトの金具にランヤードとホルスターだけですので動きの抑制も無くとても気に入っています。

今後はmolleベルトにも手を出してみたいものですが、どれを買うかで悩んでしまうので買うのは当分先になりそうです。

それではまたアップデートする機会がありましたら再度お見せしたいと思います。

                               Tschüs!!
01 2015 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

ドドイツ高橋

Author:ドドイツ高橋

最新トラックバック
カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS