FC2ブログ

Kartoffel

 

Category: ホルスター   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

P8用ホルスター(BHI LEVEL3)

要望がありましたのでBHI製LEVEL3ホルスターについても軽くまとめてみます。

残念な事に今手元に無いので詳しい事はもう書けませんが大まかにしか書けません…スミマセン…

LEVEL3ホルスターはアフガニスタン派遣の兵士使用している事で有名なホルスター?なのです。
使用頻度、露出度が高いためアフガニスタン装備で使用するホルスターの中では一番妥当な物だと思っています。

DSC08399.jpg

さっそくですが民間向けに売られているホルスターのキットを見てみます。
こちらはレッグ用のアタッチメントとLEVEL3ホルスター本体になります。
購入した状態からクイックディスコネクターが組み込まれています。それと、樹脂製のマグポーチも付いていますがガスガン用のマガジンは無理やり入れないとボタンが締まりません…

DSC08398.jpg

次にこちらが付属品になります。
クイックディスコネクタのメスが二つと、ナイロン製のマグポーチが付いてきます。

この中で一番目をひくものはホルスター専用のチェストリグですね。
こちらのチェストリグはmolleでは無くidz規格になっています。
クイックディスコネクタとマグポーチのidz規格でとても珍しいセットになっています。

確かセットを入れていた袋にBW何とか…と書いてありましたので、恐らくこちらのセットはドイツ連邦軍がBHIにオーダーして作らせたのではないかと思います。idz規格ってところでおかしいですもんね…

257582_35330779141836f6ldl.jpg

レッグ用のアタッチメントでの使用例です。

3ca9f53485e7.jpg

idzベストにidzクイックディスコネクタを使用した例です。

29621_505300266178616h3zpe.jpg

75tacのomegaアーマーにidzクイックディスコネクタを使用した例です。
omegaアーマーはmolle規格ですがidzは付くのです。

526293_41036313568665rikos.jpg

こちらは、レッグ用のアタッチメントを付けてアーマーの方にホルスターを付けている例です。
このように臨機応変に使用できる考えられたセットになっています。

以上でまとめは終わりになります。
まとめきれてなくてスミマセン…

スポンサーサイト



Category: ホルスター   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

P8用ホルスター(BHI)

今回はドイツ連邦軍の特殊寄りの人が使用しているP8(USP)用ホルスターについて書いていきます。

ホルスターと聞きますとやはり、SAFARILAND製かBHI製を思いつきますね。
もちろんドイツでもこの二つのメーカーの物も使用しています。

という事でこの二社のホルスターをピックアップしていきます。

先ず初めに国内でも入手しやすいBHI製のホルスターを紹介します。

lll.jpg

BHIのホルスターはレッグホルスターでは無くヒップホルスターのLEVEL2の物を使用しています。

untitled-4fvx1hvzq65.jpg

こちらの画像を見てみますと純正のヒップ用のアダプターでは無くオプションパーツのアダプターを使用している事がわかります。

image_16wsbjwkk.jpg

マルチカムおじさんのホルスターもオプションのアダプターで固定しています。よく見るとアダプターとホルスターの間に何か見えますね。

image_16wsbjw.jpg

拡大してみますとクイックディスコネクターが見えます。またこの隊員だけかわかりませんが金属製のプレートで補強?もしています。

DSC02367sss.jpg

こちらがBHI SERPA HOLSTER と BHI SERPA JACKET SLOT DUTY BELT LOOP と QDアタッチメント を組み合わせた形になります。
LEVEL2ホルスターですが今現在何種類か発売されていてどのモデルが一番露出が多いかと言いますと上の写真のモデルが多いです。
見分け方としては赤い丸で囲った部分で赤い線が引かれている部分が直線かどうかで見分けがつきます。

DSC02368.jpg

QDアタッチメントが付いていますので使用しないときはこのようにして外しておくことが可能です。

DSC02369.jpg

またQDアタッチメントのおかげである程度の角度調整も可能になります。

DSC02370.jpg

最後にタナカ製のP8もホルスターに納める事が可能で素早くホルスターから抜くことができますが…タナカ製なので…悲しいです。

以上でBHI製のホルスターについての記事はおしまいです。後日SAFARILAND製のホルスターについて書いていきます。

Category: ドイツなナイロン   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

ダンプポーチ

銃を撃つと弾が減ります。そして弾を入れているマガジンも空になります。
そうなると空のマガジンは邪魔になるので捨てるか元のマガジンポーチに入れる必要があります。

捨てるのはもったいないし、マガジンポーチにしまうのも面倒なあなたにダンプポーチをお勧めします。

今回紹介するのはMAXPEDITION製の物とLINDERHOF製の物を用意しました。

DSC02359.jpg

どちらもコンパクトにまとめる事が可能でどちらもshortのマリスクリップ2本で取り付けるので取り付け面積も少なくすみます。
MAXPEDITION製の物はベルクロでまとめ、リンデン製の物はファスティックでまとめています。

DSC02362.jpg

広げてみますとMAXPEDITION製のが大きいのがわかります。
形はMAXPEDITION製が長方形に対してリンデン製はUの字になっています。

DSC02366.jpg

MAXPEDITION製の物は上のベルクロ付きの蓋を閉じて左右のひもを絞ることにより入れているマガジンがこぼれないようになっています。

DSC02365.jpg

リンデン製の物は入口にあるゴム紐を絞ることによってこぼれにくくしています。


image41uz9kk.jpg


image0uuwy.jpg

最後に使用例の写真を載せておきます。

Category: JPC   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

ブンデスJPC装備

最近ドイツの人たちの間でもマルチカム装備の人を見る機会が増えましたね。
そういった人たちが装着しているアーマー、プレキャリはCRYE製のCPC、JPCやリンデンGen.3等を装備している人がいますね。(他にも装備している物もありますが…)

4lbuo3.jpg

左の人はJPCを装備してますね。右の人はよくわからないです…

ksk_jpc_sidesapi.jpg

こちらの写真では手前の人がJPCで奥の人がリンデンぽいような気がします…不確かですみません。

このような写真を見て私もJPCが欲しくなりつい買ってしまいました。(リンデンが暑いし重いしで辛いから、軽い装備が欲しい…なんて言えない…)

DSC02336.jpg

ということで某オークションサイトで購入し早速サバゲに使ってみました。
使ってみての感想ですが軽くて風通しも良く夏のサバゲに適した物でした。

DSC02342.jpg


ですがJPCを使うにあたっての注意事項があるのです。
前面に設置されたカンガルーマグポーチはG36の通常のマガジンは入らないのです…
なのでPMAGを用意しなくてはなりません。(JPC装備の人は大抵PMAGなのでコスプレをするにも必要かと…)

DSC02353.jpg

実際に入れてみましtが、窮屈で素早くマガジンを抜くことが不可能でした…サバゲ時は真ん中のマガジンを抜くことで多少はマシになるのでそうするしかなさそうですね。

DSC02348.jpg

最後にリンデンGen.3との大きさ比較です。
こうやって見るとリンデンが大きく見えますね。


マルチカムを着てしまった私は他のブンデス勢に消される日も近いでしょう…


08 2014 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

ドドイツ高橋

Author:ドドイツ高橋

最新トラックバック
カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS