FC2ブログ

Kartoffel

 

Category: 芋煮会   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

第一回芋煮会

この度第一回芋煮会を開催することができました。

芋煮会というものは、芋装備(ドイツ連邦装備)を煮詰める会の略になります。

という事で第一回なので顔見知りのドイツ連邦装備の人たちとお酒を飲みつつナイロンの匂いを嗅いでわいわいやってみました。

その中でlucie NVG マウントを持ち寄って型の違いによる相違点などを発見することができました。その件につきましては私ではなく他の方がブログにあげるのでワクワクしながら待ってます。

ここらへんで話しておきますがこの集会の本当の目的は…なんとドイツ空挺/KSK装備で撮影会をしようという事なのです。

初めて撮影会を行うので今回は少人数でやります。駆け出しなので4人ですが…倍の人数集まれば色々と遊べそうですね…

それで第1回の撮影会のレギュレーションは373空挺の訓練装備で行います。

imagewsu3a.jpg

こんな感じの装備でやる予定です。あくまで373空挺の様な装備なので生温かい目で見てください宜しくお願いします。

画像の訓練とは違いますがこの動画も参考にしています。





スポンサーサイト



Category: ドイツなナイロン   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

75tactical ポーチ②

DSC08387.jpg

ハンドグレネード用ポーチ

DSC08388.jpg


レプリカのDM51ハンドグレネードを収納可能です。

フラップの固定方法はマジックテープとファスティックなのでマジックテープのみでフラップを閉じれば瞬時にポーチからグレネードを取り出せます。

DSC08390.jpg


このポーチに謎がありましてポーチ内側にパルスのようなものが左右についています。もしかしたらグレネードのレバー固定に使う物かもしれないですね…よくわかりませんが…

DSC08391.jpg


ユーティリティーポーチ

ポーチ前面には5列のパルスがあり、そこに追加でポーチを増設する事が可能です。

DSC08392.jpg


内部は見た眼よりも多くの容量があります。それはポーチ固定するウェビングがポーチ底部まで無いのでポーチ自体が大きく膨らむ事ができる構造になっているからです。

今回の記事で75tacの事はお終いになります。

次回は第1回芋煮会について書いていきます。…写真は撮ってないので簡素になる予定です。

Category: ドイツなナイロン   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

75tactical ポーチ①

75tac製ポーチ

DSC08371.jpg

G36用ダブルマグポーチ
正面…二列のパルスがついていますので、その上にポーチを付ける事も可能です。
   ゴムが後方から前方にきてますのでゴムを絞ることでマガジンの落下を防げます。

DSC08364.jpg

側面…パルスではなくゴムが2本付いていて、そこにポーチを付ける事も可能です。

DSC08365.jpg

背面

DSC08366.jpg

内側…底と後ろ側にマジックテープのメスになっています。

DSC08369.jpg

G36マガジン収納時…マガジンの連結を使用して入れています。

DSC08373.jpg

蓋を使用しての収納時

DSC08381.jpg

パルスに固定方法…ボタンで固定はせずに樹脂で補強せれている部分を縫うようにして固定します。
取り外す時には樹脂で補強されている部分をウェビングから外して二股にわかれている紐を引く事で瞬時に外すことができます。

DSC08368.jpg

※STANAG マガジンでしたら三本収納可能です。

DSC08381.jpg

これはマグポーチに付属していましたがどのように使用するのかわかりませんでした。仕切り板のようにも思えますがゴムがついていて非常に使い勝手が悪いので用途が謎です。

DSC08382.jpg

次回は残りのポーチを紹介いたします。

01 2014 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

ドドイツ高橋

Author:ドドイツ高橋

最新トラックバック
カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS