FC2ブログ

Kartoffel

 

Category: CRYE   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

本当にCPC?

bjv6gt23r2-cutvqva.jpg

20110117174246.jpg

ksk_crye_1.png

388178_40884610585633a7s0w.jpg

実はこの4枚の写真に写っているアーマーはCPCでは無いんですよね…

Crye Precision製のCage Armor Chassis(CAC)になるんですよね…

簡単な見分け方はCACのmolleのパルスがコヨーテの単色に比べてCPCはマルチカムのパルスになっています。
他には肩パット付近にあるファステックスがCACの方が小さい事で見分ける事ができます。

わかりにくいですが、CACにはカマバンのマグポーチが無いですね。
やはりCPCの前がけであるので、色々とCPCの便利機能が足りないように感じますね。

ksk2011owraqv0rxx.jpg

2nsssy.jpg

1740941_632996003439287_752099504_n.jpg

ksk_crye.jpg

今度はこちらの4枚の写真のは全てCPCですが中身が同じ人なのか、広報用の貸し出し装備なのかはわかりませんが、装備構成が一緒ですね…

実際にはCPCが普及してそうですが露出が少ないですね…

reserve_gefdst_2015_cpc_hg.jpg

マルチカムのCPC以外では予備役の右の人がRGのCPCを装備していますね。
恐らく個人購入なのでナイロンオタクなのでしょうね…
良い物は良いですから。

43fsok.jpg

こちらは、コヨーテのCPCですね。
特殊な人なのですがコヨーテは珍しいと思うので、こちらも個人購入だったりするかもですね。

では、次回はポーチ構成についてまとめれたらまとめたいです。
途中で諦めるかもですけどね。
スポンサーサイト



Category: CRYE   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

CRYE BELT

DSC03882.jpg

最近はマルチにはまっていたので、CRYE製のベルトも二種類入手しました。

左はHigh Back Belt (Mサイズ) で右はLow Profile Belt (Sサイズ) になります。

DSC03883.jpg

High Back Beltは単体ではサイドのMOLLEがありませんがオプションのBelt Side Sleeves を追加することで解決します。
サイドがフリーになっていますのでサファリランドのホルスターやレッグパネルを付けやすくなっています。

DSC03884.jpg

背面はベルト幅が大きくなっていて装着時の負担が少なくなっています。
全体的に大きいベルトになっていてソフトアーマーを挿入とハードアーマーの挿入に対応した防御面重視のベルトになっています。

DSC03887.jpg

Low Profile Beltには初めからサイドのMOLLEが縫い付けられていますのでサファリのホルスター等付けにくくなっています。

DSC03888.jpg

背面はSサイズというのもあってコマ数が4つしかありません。
Mサイズは6コマになっています。サイズが一つ上がるごとに2コマ増えていってますね。
ベルト内にはソフトアーマーを入れる事も可能になっています。

1740941_632996003439287_752099504_n.jpg

2nsssy.jpg

こちらの二枚の写真では恐らくHigh Back Beltになります。
下の写真ではベルトとCPCを StKSS™ Load System で釣り上げていますね。

Category: CRYE   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

CPC

ksk_crye.jpg

ドイツの特殊の方の装備一式になります。
全体的にマルチカムの物があるので海外への遠征が目的なのでしょうかね。
恐らく広報のおじさん装備だと思いますが…

ksk2tr8k6.png

カラー写真の横からのアングルになります。
本当にマルチカムばかりなのでどこの国の人かパッと見、解らないですね。

DSC03876.jpg

と、言う事でCRYE製のCPCを手に入れました。
いや~、実に良いナイロンですね。
今まで着たアーマーの中で一番着心地が良いです。

DSC03878.jpg

背面はZIPが付いていて簡単にパネルを交換できる物になっています。
最近の特殊向けって感じがしますね。

DSC03880.jpg

カマーバンドにはマガジンかラジオを収納するスペースがLR共に一か所あります。

DSC03881.jpg

前面には三連のマグポーチが付いていますので、アーマーさえ持っていればサバゲに直ぐに導入可能ですね。

Category: CRYE   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

CRYE Airframe

カテゴリがドイツなナイロンになっていますが細かい事は気にせずに書いていきます。

ksk_jpc_sidesapi.jpg

いつも参考にしていますJPCおじさんですが今回はヘルメットに目を向けていきたいと思います。
この人はCRYE製のAirframeヘルメットを装備しているみたいです。

最近ではドイツ特殊の中でもドイツ特有なTC3000やAPH以外にAirframeやOPS-COREを被って他国の特殊部隊と同じようになって少し悲しい気もします…

気を取り直して書いていきますか。

DSC03311.jpg

と、言う事で買っちゃいました。レプリカですけどね。
本当は実物が欲しかったのですが高額すぎて自分には手が届きませんでした…

今回買ったレプリカはTMC製の物を選びました。
理由は実物のMサイズ大きさに近いので買いました。

最近ではTANが売り切れでAOR1の物を買いKRYLONのカーキーで塗装をしてみました。
本物と色が違う気がするので後々再塗装も考えています。

DSC03312.jpg

ヘルメット自体はレプリカですが、カバーとサイドレイルは実物の物を組み込みました。
カバーはMサイズの物でピッタリでサイドレールも無加工で取り付け可能でした。

DSC03314.jpg

内側は適当なクッションを配置しましたが内部に貼られているベルクロの数が少なく貼りつきも弱いので後でベルクロを張りなおしたいと思います。
チンストラップはOPS-COREのH-Napeに交換してます。

普段自分はMSA製のTC2000のLサイズを被ってますが、TMCのヘルメットはギリギリ被れる大きさなので頭の大きい方にはオススメできません。

DSC03317.jpg

lucieマウントを取り付けてみました。
これでやっとドイツっぽくなりましたね。

DSC03316.jpg

さすがKSKマウントヘルメットにピッタリ取り付けできてます。

DSC03315.jpg

GEN.3マウントもそれほど悪くありませんね。

5susch.jpg

Airframeはリンデン装備にも使用可能なのでワンチャンかな?
でもこのリンデンはGEN.2っぽいような気がしますね。
09 2019 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

ドドイツ高橋

Author:ドドイツ高橋

最新トラックバック
カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS